予約殺到中のコスパ抜群の美容整形を見る

肝斑(かんぱん)とは?シミとの見分け方

肝斑(かんぱん)とは

肝斑とは、主に顔に現れる大きな、不規則な形の茶色い斑点のことを指します。特に額、鼻、上唇、下顎など、顔の中央部に現れることが多いです。形状は両側対称で、日光に当たると色が濃くなります。

この症状は、特に中年期の女性によく見られ、その原因は完全には解明されていません。しかし、ホルモンバランスの変動(特にエストロゲン)、遺伝的な要素、紫外線への曝露、皮膚の炎症などが影響を及ぼすと考えられています。

肝斑とシミの見分け方

シミと肝斑の見分け方は主にその形状、位置、大きさ、色、そして一般的に現れる年齢によって異なります。

シミ

まず、シミは一般的に小さく、形状は不規則で、体のどの部分にも現れますが、特に日光にさらされやすい顔や手によく現れます。シミは、色素沈着によって肌の一部が黒くなる現象で、年齢とともに出現しやすくなるため、「老人斑」とも呼ばれます。

肝斑

一方、肝斑は通常、顔の中央部に大きな、不規則な形状の斑点として現れます。肝斑の色は褐色または灰色褐色で、両側に対称的に現れることが特徴です。また、特にホルモンバランスの変動がある女性、特に妊娠中避妊薬を使用している女性に多く見られます。

どちらの症状も紫外線への曝露により悪化する傾向がありますが、肝斑は特に紫外線やホルモン変動に敏感です。

肝斑の対処法

肝斑の治療には様々な手法がありますが、その中でもレーザー治療は非常に効果的な一つです。レーザー治療は、特定の波長の光を利用して肌の色素沈着部を精密に対象とします。この光は色素細胞に吸収され、その結果として細胞が破壊され、シミが薄くなるという原理に基づいています。

レーザー治療は、色素の深さや種類によって最適な波長が変わります。例えば、Qスイッチレーザーは肌の深部にある色素に対して効果的で、一方で肝斑にはフラクショナルレーザーがよく用いられます。フラクショナルレーザーは肌の表面と深部の両方に働きかけ、色素沈着を改善しながら肌質も向上させます。

治療は通常、麻酔クリームを塗布した後に行われ、治療時間は15分から1時間程度です。治療後は軽度の赤みや腫れがあることがありますが、これは通常、数時間から数日で自然に消えます。完全な結果を得るためには複数回の治療が必要で、数週間から数ヶ月の間隔をおく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA